合宿リポート

2018.08.16ガールズサマーキャンプ2018 第3ターム 始まりました!

815日(水)から第3タームが始まりました。

3タームは競技経験者や、ある程度トラックバイクに乗り慣れている中級者・上級者が中心となります。人数は第2タームよりもさらに増え、50名近い参加者が集まりました!レベル別にA、B、Cの3つのチームに分かれ、それぞれ最終日の18日(土)まで4日間トレーニングを行います。

 

初日の本日は、午前1030分から受付開始。

20180815-1.jpg20180815-2.jpg20180815-3.jpg

 

午前11時から開講式がスタート。

20180815-4.jpg

公益財団法人JKAの山本竜朗氏が開講の挨拶

 

20180815-5.jpg

Aチームのコーチ紹介。今回はなんとあのテオ・ボス選手がコーチとして参加!

 

20180815-6.jpg

Bチームのコーチ紹介

 

20180815-7.jpg

Cチームのコーチ紹介

 

開講式のあとは自転車の準備。各チームのコーチがセッティングなどもチェックしてくれます。

20180815-8.jpg20180815-9.jpg20180815-10.jpg

 

午後からのトレーニングに備え、お昼ご飯です。

20180815-11.jpg

いただきます!

 

20180815-12.jpg

本日のお昼のメニューは炒飯

 

お昼が終わり、チームごとにトレーニングが始まります。

本日は初日ということでワットバイクの測定のほか、各チームとも周回練習など基本的な練習が中心となりました。

 

★Aチーム

Aチームは333mバンクで練習です。ギヤの変更など、テオコーチが一人一人丁寧に対応。

20180815-13.jpg20180815-14.jpg20180815-15.jpg20180815-16.jpg20180815-17.jpg20180815-18.jpg

 

ワットバイクの測定。

20180815-19.jpg20180815-20.jpg20180815-21.jpg20180815-22.jpg20180815-23.jpg20180815-24.jpg20180815-25.jpg

 

20180815-26.jpg

Aチーム テオ・ボスコーチ

「今日はとてもいい一日が過ごせました。参加者の皆さんも楽しんでくれたと思うし、自分自身も楽しかったです。今日は初日なのでトレーニングは基本的な、さわりの部分をやりました。このキャンプはきっと彼女たちのためになると思います」

 

★Bチーム

Bチーム

は南400mバンクで練習。

20180815-27.jpg20180815-28.jpg20180815-29.jpg20180815-30.jpg20180815-31.jpg20180815-32.jpg

 

ワットバイクの測定。

20180815-33.jpg20180815-34.jpg20180815-35.jpg20180815-36.jpg20180815-37.jpg20180815-38.jpg

 

20180815-39.jpg

Bチーム 大川眞護コーチ

「今回はほとんどが自転車に乗れる子だったので、ちょっと驚きました。サマーキャンプは今年で9年目なんですけど、最初から全員乗れるのは初めての経験ですね。Bチームなので中間くらいのグループになるわけですけど、自転車経験のある子が増えて、以前に比べて自転車が普及してきたのかなというのが感想です。今日は集団走行ということで、45人くらいの周回練習が中心でした。バンクの上のほうを走る練習などもやりました。結構乗れる子が多かったので、明日はスタンディングをメインに少し細かいアドバイスをしていきたいなと思っています」

 

★Cチーム

ワットバイクの測定。

20180815-40.jpg20180815-41.jpg20180815-42.jpg20180815-43.jpg20180815-44.jpg20180815-45.jpg20180815-46.jpg

 

20180815-47.jpg

Cチーム 野田尚宏コーチ

「今日は初日なので、まずは周回練習でみんなのレベルを見て、明日から本格的にやろうかというところです。明日はインターバル系のトレーニングをする予定ではありますが、お天気次第ですね」

 

初日のトレーニングが終わり、夕ご飯タイム。メニューはキーマカレーでした。

48.JPG49.JPG

 

夕食のあと、Cチームの沼部早紀子コーチによる「女性アスリートのコンディショニング」についての講義が行われました。

50.JPG

 

51.JPG

最後に全員で記念撮影

 

◆参加者コメント

平部莉彩(Aチーム)

「すごくためになる4日間だなと思います。(テオ・ボスコーチは)とても分かりやすくて、的確なアドバイスをくれます。サマーキャンプは2回目なんですけど、今回の目標は自己ベストが出せればいいなと思っています」

 

赤坂楓奈(Bチーム)

「ワットバイクは自分の体力とか数値とかを知れてよかったです。バンクは走りやすくていいタイムが出せました」

 

澤潟つぐみ(Bチーム)

「バンクで200mのハロンのタイムを計ったりしたんですけど、全体のタイムとも比較できたのでよかったです」

 

建石初穂(Bチーム)

「私の学校の部活は二人しかいなくて、女子は一人だったので、こんなに大人数で走れていい経験になったし、ワットバイクも初めてでいい経験になりました」

 

金井綺星(Bチーム)

「自分が思っていたよりタイムとか数値が出せなかったので悔しかったんですけど、みんな結構出ていたのでそれが刺激になりました」

 

中島瞳(Bチーム)

「今回2回目の参加で、クラスも上がったんですけど、結構みんなに付いていけているっていうのが自分の自信になったので、あとの3日間も頑張りたいと思います」

 

濱彩春(Bチーム)

「去年も参加して、そのときはCグループでとりあえず慣れるっていう基本的な作業だったんですけど、今年はBグループで最初から周回とか本格的なところに入れるのが違っていて。質問したらなんでも教えてもらえるし、これからどんどんいろいろな質問がしていける感じで、すごくよさそうだなと思いました」

 

堀井美咲(Cチーム)

「普段女の子と練習することがないので、すごく新鮮で楽しかったです。将来は競輪選手を目指しているんですけど、やっぱり女の子がどんな感じなのかなっていうのが知りたくて、今回参加しました」

 

永禮美瑠(Cチーム)

「女の子たちと大人数で周回練習とかすることがないので、すごく楽しくできました。もともとBMXをずっとやっていました。サマーキャンプは2回目なんですけど、1回目のときにすごく楽しかったのでまた来たいなと思っていました」

 

岩元美佳(Cチーム)

「最初は周回練習とかで前の人にぶつかりそうで怖かったんですけど、あとからどんどん慣れてきて、楽しく乗れたことがよかったです」

 

お問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ 〒410-2402 静岡県伊豆市大野1827
ガールズサマーキャンプ2018 事務局
電話によるお問い合わせ等 TEL:090-1268-3181
メールによるお問い合わせ camp2018@girlskeirin.com もしくは右記よりお問い合わせ下さい
主催 公益財団法人 JKA、公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)
協力 一般財団法人 日本サイクルスポーツセンター、日本競輪学校

フォームからお問い合わせの方はこちら

お返事までにお時間を頂く場合がございます。
予めご了承下さい。