合宿リポート

2015.08.14ガールズサマーキャンプ2015 第2ターム・三日目(13日)レポート

 今日は、ガールズサマーキャンプ2015・第2ターム3日目が行われました。午前中は少し雨が降りましたが、午後は天気に恵まれました。フルで練習出来る最後の1日、参加者たちは一生懸命練習していました。
 夜にはバーベキューがあり、皆、食べたり、騒いだりと最後の夜を楽しんだようです。

20150813_1.JPG
朝ごはん

 プロで活躍している増茂るるこ選手、小林莉子選手が練習に参加してくれました。各チームで、見本をみせたり、掛け声をかけたり、バーベキューを盛り上げてくれました。
20150813_2.JPG

20150813_3.JPG

20150813_4.JPG

20150813_5.JPG

20150813_6.JPG

 

■Aチーム

 Aチームは、午前中はベロドローム、南400に分かれて練習しました。午後はプロも混じってチームスプリントのような練習、実際のレースを想定した練習などを行いました。

20150813_7.jpg

20150813_8.JPG

20150813_9.JPG

20150813_10.JPG

20150813_11.JPG

20150813_12.JPG

●Aチーム:佐々木昭彦コーチの初日コメント
「午前中はベロドロームと南400に分かれて練習しました。初めてベロドロームで乗った女の子たちも上手く乗れていて、すごかったですね。南400には自分は行ってなかったんですけど、あまりタイムがよくなかったみたいで、そのせいか午後の練習はすごく気合が入っていました。きつい練習だったと思いますが、本当に皆が頑張ってくれましたね。小林莉子プロが練習に付き合ってくれて、すごくいい練習になったと思います。有意義な練習でした」

 

■Bチーム

 Bチーム、午前は200m、500m、1000mのタイムの計測、午後は登坂組と、400に残る組に分かれて練習を行いました。

20150813_13.JPG

20150813_14.JPG

20150813_15.JPG

20150813_16.JPG

20150813_17.JPG

20150813_18.JPG

20150813_19.JPG

●Bチーム:飯田太文コーチの初日コメント
「午前中に200m、500m、1000mの計測を行いました。予想はしていましたが、ウォーミングアップからすぐ走ることになじんでなくて、タイムがなかなか出ませんでしたね。本人たちもそれがわかったようで、それに向けて、また練習しますと言っていました。午後は、登坂と400バンクに分かれて練習しました。400バンクの組は人数も少ないので、集中してスタンディングからハロンをしました。最後の方にいいタイムも出たので、本人たちも喜んでおり、何かのきっかけになったんじゃないかと思います。いい練習が出来ました」

 

■Cチーム

 Cチームは、雨の振った午前中はローラー、天気の回復した午後はバンクでタイム計測を行いました。

20150813_20.JPG

20150813_21.JPG

20150813_22.JPG

20150813_23.JPG

20150813_24.JPG

20150813_25.JPG

●Cチーム:加藤昭コーチの初日コメント
「今日は天気を心配しながらでしたが、200m、500mと1kmと、ある程度出来てよかったと思います。昨日から少しずつ教えていたんだけど、少し乗り方も変わってきましたね。このまま続けていきたいと思います。あと1日ですが、明日は半日なので、おさらいと言ってはなんですが、忘れないように同じことを教えていきたいと思います」



20150813_26.JPG
昼ごはんは冷制パスタ。お昼に麺類が多いのは、練習後にのど越しがいいように


20150813_27.JPG
 『女性アスリート向け講義』(講師:伊藤京子さん、ユニ・チャーム株式会社)がありました。

 

 夜のお楽しみ、バーベキュー! 今までバーベキューをしたことがないという子もいて、皆、楽しそうに焼いて、食べていました。
20150813_28.JPG
20150813_29.JPG
20150813_30.JPG
20150813_31.JPG
20150813_32.JPG
20150813_33.JPG
20150813_34.JPG
20150813_35.JPG

 その後のビンゴ大会も大盛り上がりでした。
20150813_36.JPG

 


20150813_37.JPG
提供頂いたcrocsを参加者は宿舎で使用してます。練習で疲れた足を、これで休めています。  

 

■トレーナー紹介

20150813_38.JPG
●Aチームトレーナー:渋谷理恵
「第1タームは、初心者の子が多かったので、コーチ陣が指導してくださって、トレーナー的にはセルフケアの細かい個人指導まで全然いかなかったんですけども、練習に集中して出来るレベルで、熱中症対策、水分補給、ストレッチ、食べる、休む、運動など、本当に基本をこの合宿で学んでもらえたと思います。
 第2タームは、特にAチームは自転車の強化選手に選ばれているような選手も多いので、身体への意識も高いのか、個人的に聞いてくる選手もいました。その選手に対してはセルフケアに関しては第1タームよりもさらに詳しい指導が出来たと思います。そういう意識の違いを感じたので、トップを目指す選手はそれだけ目標が明確にあって、自分が何をしなければいけないのか、どうしたいのかがあると考えられました。
 東京オリンピックが5年後に迫ってきました。昨年も言いましたが6年と5年では違いますからね、いよいよカウントダウンに入ったのかなと思います。そこにピークを合わせてもらって、1年1年、1ヶ月1ヶ月、1日1日を大事にして、ケガのないように頑張ってもらいたいです。 自己管理の出来る子が強くなると思うので、ぜひ、この経験を活かして、自己管理、自己コントロールの出来る選手を目指してください。応援しています!」

20150813_39.JPG
●Bチームトレーナー:内山絵美
「最初は、お互いに遠慮している感じで、元気もあまりなかったんですけど、きつい練習を重ねるにつれて、段々しゃべれるようになってきました。絆というか仲間意識が生まれたところで終わってしまうのはちょっと残念です。
 インターハイや全国レベルで活躍している選手もいる中で、このキャンプが一つきっかけになって、さらに高みを目指していってもらえるといいですね。皆、高校でやっている時は男子が多く、女子だけで練習することがない中で、ここで知り合った友達と一緒に練習したりと、切磋琢磨して欲しいです」

20150813_40.JPG
●Cチームトレーナー:川田綾乃
「今年初めてCチームについて、もっと乗れない子が多いのかと思ったけど、ちゃんと乗れて、駆けおろしも出来る子たちばかりでした。そんなに手が掛からないかなと思ったんですけど、集中し切れないところでの落車があったのが残念でした。でも、皆が楽しそうに乗っています。今年は大人しいイメージがしますね。今まで私が見た選手たちが今、ガールズケイリンの選手になっていたり、インターハイで活躍していたりするので、上を目指してください。東京オリンピックもあるので皆に頑張って欲しいです。私もサポート出来ることがあれば手伝うので、応援しています」

 

■参加者の皆さんの本日の感想やコメント■

・小林彩乃
「今日の練習はきつかったけど、バーベキューは楽しかったので、また頑張れます」

・田中真彩
「3日目で一番きつかったけど、夜のバーベキューが楽し過ぎました! もう小林莉子さん大好きです!(笑)」

・佐藤千晶
「インターバルが全くない連続の駆けおろしと駆けおろしのチームスプリントみたいな練習をして、すごく疲れました」

・當銘直美
「1kmとハロンを測って、練習通りの力が出せたのでよかったです。バーベキューはお腹いっぱい食べ過ぎて、ちょっときついです(笑)」

・鈴木保乃華
「今日が最後の夜ですけど、すごく楽しかったです」

・三好明日香
「競輪学校の登坂練習が出来て嬉しかったし、しんどかったけど、楽しかったです!」

・下山美寿々
「バーベキューが出来て楽しかったです」

・片岡十萌
「雨だったけど、ローラーがたくさんもがけました。今までは男子の先輩たちと練習しているんですけど、全然、雰囲気が違って楽しかったです」

・川嶋百香
「朝に雨が降ってローラだったんですけど、それで脚がなくなりました。午後は、外でだったんですけど、午前の疲れが残っていて、思うように走れませんでした」

 

お問い合わせ

お手紙でのお問い合わせ 〒410-2402 静岡県伊豆市大野1827
ガールズサマーキャンプ2018 事務局
電話によるお問い合わせ等 TEL:090-1268-3181
メールによるお問い合わせ camp2018@girlskeirin.com もしくは右記よりお問い合わせ下さい
主催 公益財団法人 JKA、公益財団法人日本自転車競技連盟(JCF)
協力 一般財団法人 日本サイクルスポーツセンター、日本競輪学校

フォームからお問い合わせの方はこちら

お返事までにお時間を頂く場合がございます。
予めご了承下さい。